6年間で1000万円を貯めた主婦〜5つの節約ワザ〜とは?

テレビ番組"ヒルナンデス!"にて、わずか6年もの間に1000万円を貯めた主婦が紹介されました。

 

年間200万円弱を貯め、大台である1000万円に到達したのは一般の主婦。

 

一体どのようにして節約していったのか?

 

この記事では、4人家族を支えるママの1日に密着してみえた5つの節約術を紹介しています。

スポンサーリンク

6年間で1000万円貯めた主婦 中野さん

お名前は中野さん

夫と2人の子供を持つ4人家族。

共働き

自宅は5年前に購入した三階建ての戸建。

 

女性誌「サンキュ!」で、読者代表アンバサダーを務め、節約術がブログやインスタグラムなどでも話題に

自宅には節約家にしては珍しく物が多めとなっている。

6年間で1000万円貯めた5つの節約ワザ

1週間分の献立を作り節約

中野さんは週1回 休日の日に1週間分の食事の献立を考えます。

ノートに献立を考え記入。

 

1週間分の食事の献立を考えると、無駄な買い物が減り節約になり、ついついスーパーなどで買い込んでしまうのを防ぐ効果がある。

家にある食材や作りおきのメニューなどもメモすることによって、冷蔵庫の中をしっかりと把握しておく。

 

レパートリーは全然なくても、ルーティン化すれば大丈夫と話す中野さん。

 

曜日 メニュー
月曜
火曜 揚げ物
水曜 肉料理
木曜
金曜 どんぶりメニュー
土曜 鍋・鉄板メニュー
日曜 家族のリクエスト

このようなルーティーンを取っている。

週に一回は家族のリクエストに応えるようにしている。

毎日30分ポイ活をする

スマホを使い、ポイントサイトなどのアンケートや、新商品のモニターに協力し節約に近づけています。

中野さんは1ヶ月あたり6000ポイントの収入があります。

 

支払い時も現金ではなく、ポイントが貯まるクレジットカードの利用が中心。

キャッシュレスバックなども上手く組み合わせている。

気になる商品は懸賞で試す

中野さんはスーパーを一箇所に固定。

 

新商品などの気になる商品は、懸賞サイトに応募。

新商品などはPRの為、数が多く設定されており当たりやすいという。

 

アイスクリームや飲料水など様々な懸賞がある。

この取り組みにより、年間2万円の節約に繋がっている。

買い物に子供を連れていかない

先ほどの献立通りの買い物をする為に、あえて子供とは一緒にスーパーには行かない。

お菓子やおもちゃなどの出費が増え、献立通りの買い物ができない為。

 

余計な出費を抑える効果が生まれるという。

 

中野さんはお子さんと5年間スーパーに買い物に行っておらず、節約で貯めたお金は家族旅行や習い事などの、将来に繋がるお金の使い方をしている。

食費は常備菜で浮かせる

中野さんの月の食費は4万円。

 

一般的な家庭の食費

家族の食費 月平均 7万2866円

※総務省統計局

一般家庭に比べて、約3万円ほど安い。

 

その理由は常備菜。

ポテトサラダやナスの揚げ浸しなど

週末などにまとめて数種類の料理を調理し、時間を短縮。

 

番組では常備菜12品を、わずか1時間15分で仕上げた。

 

献立によって、1日に1品だけ追加するなどの工夫も行っている。

 

最初は8〜9万円ほどの出費があったそうだが、徐々に改善に成功していった。

6年間で1000万円貯めた節約術まとめ

5つの節約術が番組で確認できた。

 

今回は、計画的に献立を考え、余計な出費を減らし、まとめて調理することにより時短につなげている。

明日からすぐにでも真似できそうなものばかりだ。

 

中野さんは家族旅行に行くなど、全くお金を使わずに節約をしているわけではなく、効率よく節約する事によって、生活そのものを楽しんでいた。

スポンサーリンク
おすすめの記事