レゴブロック投資は儲かる?メリット・デメリットや稼げる5つの仕組みを紹介!

子供のおもちゃの定番といえば「レゴ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

幼い頃に遊び、やがては自身の子供へと受け継がれてきた世界に代表するおもちゃです。

 

近年では大人向けのレゴブロックが発売されるなど、未だ人気の色あせることのない商品です。

そんなレゴですが、なんと自身が遊んでいた商品が、思いがけないほど高額な金額で取引され、実物資産として名を馳せていることがあります。

 

この記事では、そんなレゴブロックに投資を行うことによって本当に儲かるのか?また、各メリット・デメリットの解説をしていきます。

 

この記事から分かること

 

・レゴブロック投資について理解できる

・実物資産として成り立つ要因が分かる

・レゴブロック投資のメリット・デメリットが知れる

 

魅力的なレゴの世界観を楽しみながら投資について知識を蓄えていきましょう。

 

スポンサーリンク

レゴブロック投資とは?

レゴ投資とは主に、デンマークの玩具会社が開発した、プラスティック製の組み立て玩具「レゴブロック」を購入し、長期間保有することによって、稀少性が高まったところで売却をし、利益を上げる取引の1つです。

 

昔から稀少性が高まったおもちゃは高額で取引されることが多く、特に日本では超合金のおもちゃやカードゲーム、戦隊ヒーローものや特撮系のおもちゃに高値が付いている傾向が見受けられます。

 

そして、近年そのおもちゃの価値の高騰先として注目を集めてきたのが「レゴブロック」です。

 

通常レゴブロックは2年ほどでカタログから外れ、新たに新商品が誕生する為、すでに生産が終わった物は値が上がりやすいという所に目をつけた投資方法です。

 

中には購入時よりも50倍の値が付いたレゴもあるほどです。

 

レゴブロック投資は現物資産

株や債券などは購入しても手で触れる事が出来ません。

しかしレゴブロックは実際に手に取る事ができる為、金や不動産などといった物と同等の現物資産として捉える事が出来ます。

 

チェック現物資産である為、実際にレゴで遊ぶ事ができる。

 

長期投資と同じ

レゴブロックは購入しすぐに転売するといった手法ではありません。

目安の期間として5~10年。

更に多くの時間を掛けても良いでしょう。

 

希少性が高まったおもちゃほど高額になるケースがある為、適切に保管をして価値を高めます。

 

チェックレゴブロック投資は、株式投資や債券などの長期保有とも似ている傾向にある。

 

レゴブロックに投資する方法

レゴブロックを購入するには大きく分けて2つの方法があります。

 

レゴブロックを購入する2つの方法

・お店で発売されている物を購入する

・ネットなどのフリマサイトで生産が停止されているものを購入する

 

レゴブロック投資を行うのは非常にシンプルです。

 

現在現行品として販売されていて、今後価値が上がっていきそうな商品を選定し購入する方法と、すでに生産がストップし価値が上向きかつ今後も更なる価格の上昇が見込めそうな商品を購入するといった2つの方法です。

 

全国の「レゴストア」や「トイザらス」、「amazon」や「楽天」などのネットショップでも購入する事が可能です。

レゴブロック投資 5つの仕組み

レゴ投資で利益を上げる為には、しっかりとしたレゴの価値が上がる仕組みを理解しておく必要があります。

 

レゴブロックの価値が決定する要素は次の5つです。

レゴブロックの価値

・人気のあるジャンル

・生産数(プレミア度)

・需要

・価格

・保存状態

 

人気のあるジャンル

レゴブロックでは様々な映画や企業などとコラボした商品が多く展開されています。

「STAR WARS」「Disney」「バットマン」「ハリーポッター」「スパイダーマン」などの映画作品とのコラボから、大人向けにコラボした「ポルシェ」「フェラーリ」「ブガッティ」などの大手車メーカーとコラボしたものまで様々なジャンルが発売されております。

 

人気のあるジャンルを選ぶことが重要と言えます。

 

生産数(プレミア度)

レゴにはロット数(生産数)が決まっています。

当然ロット数が少なく、人気のあるものは今後値が上がる期待感が持てます。

 

需要

需要、つまりそのレゴに対してどれだけのファンがいるかどうかです。

どの分野のおもちゃにも共通して言えることではありますが、当然希少性が高くても人気がないようであれば値が上がることはありません。

 

保存状態

レゴブロックの保存状態も、価値を上げる要因の1つとして欠かすことの出来ない大きな項目の1つです。

 

箱なしよりも箱ありの方が好まれますし、特にレゴブロックは小さいパーツの集合体で作品が完成していきます。ゆえに無くしてしまうなどのリスクも多い為、保管方法に気をつけることが価値を保つ結果に繋がっていきます。

 

レゴブロック投資は儲かる?

レゴブロックの利回りは購入した商品によって大きく異なります。

 

人気の筆頭として挙げられるのは、クリエイターエキスパートシリーズ。

このシリーズは定価が2万円にも及ぶ高額なおもちゃとなっている為、子供よりも大人向けの作品となっています。

 

第一弾として発売された「10182 カフェコーナー

 

 

メルカリでは新品の「10182 カフェコーナー」が17万円で取引されています。

 

 

当時の価格である1万7千円付近で購入すれば、およそ10年で10倍の値が付いたことになります。年利回り10%は投資用語の「テンバガー株」とも言えます。

 

また「10182 カフェコーナー」の中古の箱だけで2000円の取引がされています。

 

 

クリエイターエキスパートシリーズはその名の通りシリーズ化されており、毎年1作品が発表され販売されている為、一作品ずつ購入していた方は車が買えるほどの資産へと変貌していたことになっていたでしょう。

 

レゴブロック投資のメリット

レゴブロックが実物資産として成り立つ以外にもメリットがあります。

 

レゴ投資のメリット

・価値がゼロにはならない

・市況に左右されない

・趣味の延長として行える

 

価値がゼロにはならない

株式投資などは企業の倒産などによって資産がゼロになってしまう恐れがあります。

一夜にして築き上げた資産がゼロになってしまうなどといった事例がありますが、レゴブロック投資でしたらその心配はありません。

 

1万円で買ったものが価値が下がり半値ほどの5000円となってしまう恐れもありますが、少なからず全くの価値がない状態、つまり0円になることはあり得ません。

 

市況に左右されない

おもちゃなどの現物資産は、経済の不況などの影響を受けることが少ないです。

例えば、2008年に起こったリーマンショックなどでは、多くの企業が軒並みストップ安が続き、様々な業種がその影響を受ける形となりました。

 

しかし、そんな中でも、レゴブロックを初めとするおもちゃの価格が暴落することはありませんでした。

不況の影響により給与が悪化し消費が落ち込むことがあっても、そのおもちゃ自体の価値は変わらないといった事です。

 

趣味の延長として行える

他の投資と大きく違うポイントとして、趣味の延長として行う事ができるのが魅力です。

元々レゴブロックがお好きの方でしたら、自身の趣味を楽しみながら資産の1つとして遊ぶ事も可能。

 

先述したクリエイターエキスパートシリーズの「10182 カフェコーナー」は、開封済みの中古品であっても5~7万円ほどで取引されています。開封してもなお発売時の定価の3倍ほどの値段で取引されているのです。

 

コレクションの一部として楽しみ、価値を維持した状態で楽しむ事が一番の投資と言えるかもしれません。

 

レゴブロック投資のデメリット

レゴブロック投資にはデメリットも存在します。

 

考えられる3つのリスク

・保管場所が必要

・保管方法に気を付ける必要がある

・再販の恐れ

 

保管場所が必要

レゴブロックは1つ1つのパーツ自体はとても小さいですが、1つの作品に使用するパーツはとても膨大です。ジグソーパズルと一緒で、箱に入った状態で販売されております。

 

レゴブロックの箱はとてもかさばってしまう為、通常の自宅などで保管をすると、とても大きなスペースが必要となってきます。

 

保管方法に気を付ける必要がある

直射日光などが当たる場所に置いておくと箱が変色してしまう為、置き場所選びも非常に重要と言えます。

湿気が多い場所での保管も、箱にダメージを与えてしまう可能性がある為オススメはできません。

 

再販の恐れ

再販され、通常のおもちゃ屋に商品が並べば、自ずと価値は下がってしまいます。

仮に10万円の価値が付いたレゴブロックでも、購入時と変わらない・購入時よりも価値が下がる結果へと繋がります。

 

 

レゴブロック市場最大のヒット作と言われる商品があります。

レゴ STARWARS 10179 ultimate collector's millennium Falcon」です。

 

大人気の映画スターウォーズに登場するハン・ソロ。

彼が乗っていた宇宙船(ミレニアム・ファルコン)をレゴで再現したモデル。

発売当時最大のパーツ数を使用し話題となりました。

 

こちらの販売値は元々500ドル。

日本円にしておよそ6万円前後。

 

この商品はプレミアム価格が付き、最高で50万円近い金額で取引がされ、現在もAmazonでは40万円近い値で販売されています。

 

しかし、この人気の影響ぶりを受けてレゴはミレニアム・ファルコンの再販に至りました。

 

 

新品価格はおよそ10万円。

 

millennium Falcon
型番 10179 75192
高さ 21cm 21cm
長さ 84cm 84cm
56cm 56cm
パーツ数 5195個 7541個
発売時価格 USD499 USD799

 

前作のミレニアム・ファルコンのパーツ数は5197個でしたが、再販されたモデルは7541個というパーツを使用して再現されています。

 

プレミアム効果として高くなってしまった前作よりも、再販されよりグレードアップされたレゴブロックの方が安くなってしまったという状態に陥っています。

 

しかし、再販されたといっても全く同じ内容の物が販売された訳ではありません。

 

大きさの変化はないものの、箱のデザインが代わり、よりリアルになった分パーツ数が多くなり作るのが大変になりました。前作も値崩れはしていませんが、今後の価値がどう影響を及ぼすかはまだ分からないと言えるでしょう。

 

お宝レゴブロックを探す方法

それではここからは如何にして値上がりが期待できる商品を探していくのかを確認していきましょう。

1.すでにプレミア価格となっているジャンルを調べる

2.実際の店頭で売れ残っていないかを探す

3.人気のジャンルで売り切れとなっているものを探す

 

まずは最初にどの分野のレゴが人気があり高値で取引されているのかを見ましょう。最近では映画の公開に影響も相まって「STARWARS」シリーズが変わらずの人気となっており、また大ヒットとなった「アナと雪の女王」の続編の影響からこちらのシリーズの人気も高まっています。

 

特にディズニー作品のグッズは日本にみならず世界的にも大人気となっている為、プレミアム価格が付く可能性が高いと言えるでしょう。

 

そして、定価よりも価格が高騰している商品がないかを、近くの家電量販店やトイザらスなどに出向いて探して見ましょう。

特に大型のお店ほど在庫を抱えている事が多く見受けられます。

 

可能であれば複数の店舗で商品を探すことをオススメいたします。理由として、お店毎に割引率が違ったり在庫状況が違う為です。

片方のお店で売り切れとなっていて、もう一方のお店に在庫があった場合は狙い目かもしれません。

 

実店舗に商品が無くても、ネットで販売されている可能性もあります。(ネットに無く実店舗にある可能性もあり)

 

そういった店舗やネットの状況から判断して行くと良いでしょう。

 

映画の公開を先回りする

映画の公開・続編などが決まると、自ずとそれに関連した商品が注目され人気が出ます。

映画とのコラボレーションシリーズを先回りして購入することも1つのテクニックです。

 

・1作目の興行収入やネットでの評判

・続編が出た際の映画の評価

 

この2つを意識するだけでも、今後値上がりが期待できるレゴが発見できるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事