月収5万円のフリーターが、株で月収100万円稼いだ方法とは?

月収5万円

 

皆さん、この言葉を聞いてどういった事を想像するでしょうか?

大体がネガティブな感情が生まれると思います。

 

しかし、その一方で給与とは別の収入源が100万円あったとします。

 

するとどうでしょう?

ポジティブな感情に少しは変わったきませんか?

 

実際の体験談を元にお話をしていき、後半には月に100万円達成した投資手法の掲載が載っています。

スポンサーリンク

プロフィール

月に100万円稼いだ男のプロフィール

名前:田中隆文さん(仮名)

年齢:24歳

性別:男性

学歴:専門卒

職業:週に2回のカフェでのバイト

住まい:実家

 

フリーターとなった経緯

私は専門学校を卒業後、東京にある下請けの番組制作会社に就職することができました。

 

幼い頃からテレビを見て育った為、いつかは自身で番組を制作したいという思いが年々強くなっていき専門学校に進学。

映像の専門学校から、念願叶って、東京にある会社に採用され憧れだった仕事を始めました。

 

華やかなテレビの世界とは裏腹に、制作の現場は激務として有名。

 

大掛かりなセットの運搬に雑用やロケなど、過密スケジュールでした。

番組編集の際には、部屋にこもり、太陽を何日間か見ない事もしばしば。

 

しかし、私は幼い頃からの夢である仕事に就けたので、苦しくとも毎日充実な生活を送っていました。

 

歯車が崩れた日

入社して、早2年が経とうとしていたある日、私は番組セットの運搬中に怪我をしてしまいます。

重たいセットを持った際に、腰に激痛が走ったのです。

 

診断結果は椎間板ヘルニアでした。

 

当分は自宅療養を余儀なくされ、仕事を休職することに

復帰までは相当な時間が掛かる結果となります。

 

復帰後

ようやく復帰を果たすものの、周囲からは冷たい視線で見られるようになりました。

 

その理由は、近年ではネットの流行からテレビの視聴率はガタ落ち

それは下請けである、私のの勤め先にまで飛び火しています。

 

ただでさえ経費や、人件費削減の中での離脱であったので。しわ寄せは周りに及びます。

 

激務ゆえに、皆ギリギリの状態で働いている。決して給料も良いとは言えない。

元々穏やかだった人間が、別人のように変化してしまうような現場でした。

 

復帰後も腰には爆弾を抱えており、前のようにキビキビ動けない。

 

より一層風当たりが強くなる。まさに悪循環でした。

うつ病の発症

 

周りからの強い風当たりに、満足に動けない身体、そして長期労働時間。

度重なるストレスにより、私ははついにメンタルまでをも壊してしまうことに…

 

無気力で何もやる気が出ない…

 

心療内科にて診察を受けたところ、診断内容は"適応障害”

 

心と体は限界でした。

ついには会社を辞めるまでに至ってしまいます。

 

退社後

退社後は、国からの支援を受けながら診療内科に通院することに。

 

徐々に体調が良くなってきた田中さんは、医師のススメの元、少しづつアルバイトを始めることになりました。

 

近所のカフェで週に2日。

1日8時間働き月に5万円ほどの収入です。

 

少ない給料ですが、病気を機に実家に戻ってきた田中さんは、親の支援の元、なんとか生活ができました。

 

株との出会い

病気の療養中は家にいることがほとんどです。

まだ、医師からも許可が下りていない為、フルで働くことは出来ません。

 

家にいる時間が長くなる為、テレビなどを見る機会が増えます。

 

前は制作する側にいたので、家で落ち着いてテレビを見ることも出来ませんでした。

しかし、この行為が後の投資のきっかけに繋がっていきます。

 

投資番組を目にする

テレビを見ていると、投資で生計を立てる方に密着した番組が流れてきました。

私ははふと昔の制作現場時代を思い出します。

 

街頭インタビューで一度、株投資をしているか?というアンケートを、新橋駅前で取ったことがあったのです。

 

いわゆる、サラリーマンの街として知られるこの場所では、数多くの方が何かしらの投資をしており

そんな世界があるのか?」と、インタービューをしていた時に感じた当時の思いが、この投資番組を通じて思い起こされてきたのです。

 

ネットで調べ証券口座を開設する

株というものが気になりはじめていた私は、番組終了と同時にネットで株について調べることに

すると知らない単語ばかり並んでいます。

 

特にこれといった趣味もなく、時間も沢山あった私は

翌日には本屋に出向き、気付くと「株の入門書」を手にしていました。

 

するとますます興味が湧き、その日の内に証券口座の開設申し込みを行いました、

口座開設までわずかばかりある時間の中で、本を熟読していき、知識を更に蓄えます。

初めての株取引

 

ついに証券口座が開けたその日に、早速お金を入金します。

 

バイト代は月収が5万円ほどでしたが、番組制作会社時代はお金を使う余裕がなかった為

貯金は150万円ほどありました。

 

まずはこの中から50万円を証券口座に入金し、株取引をスタートしていきます。

 

ビギナーズラック

一番初めに購入したのは、昔好きだったゲームを作っていた会社。

本を見ながら、おぼつかない手で注文に至り、見事保有に成功しました。

 

購入してから株価は徐々に上昇。

その日の内に約2万円も値を上げます、時間にしてわずか4時間ほど

田中さんは、きつかったテレビ制作会社の日給以上の金額をわずか数時間ほどで稼げてしまう事に驚きを隠せませんでした。

 

失敗からのスタート

 

そのまま利益を確定せずに保有します。

しかし、その後スマートフォンアプリ用に配信していたゲームで不具合が見つかり

徐々に株価を下げていきます。

 

買値よりも3万円以上値下がりしたところで落ち着きます。

しばらく経っても動く気配がなかったこの株は塩漬けの後、損切りをしています。

 

最初で購入した株では、3万円のマイナスからのスタートでした。

 

初めての利益

 

先ほどのゲーム会社を保有している傍ら、残りの金額で家電量販店の株を購入しました。

近所にあった家電量販店には昔から家族で通っており、品揃えもスタッフの対応も良い印象があった為、購入に至ります。

 

特に企業の分析などはまだ良くわからなかった自分ですが、上場していて、まずは知っている企業を購入するところからスタートしました。

数週間後、業績の上方修正と共に株主優待の拡充が発表され、その日のうちにS高となります。

 

そして私は利益を確定します。

家電量販店の株での利益は5万円。

 

実労働という形ではなく、初めて株での利益を稼ぎだしたのです。

 

更なる株への投資

利益を叩き出したことで、より一層勉強に力が入ります。

書籍を追加で購入し、様々な手法を試し、失敗を重ねながら知識を蓄えていく事になりました。

次第に元本も増えていきます。

 

投資信託やFXといったものは利用せずに、株で利益を上げていったのです。

そして、株取引を始めてついに、株での月収が100万円を突破しました。

月収100万円を達成した投資法

いかにして月収100万円を突破したのか?

その投資法を次で見ていきましょう。

 

田中さんは以前の勤め先でもわかるように勤勉だ。

情報召集を怠らない。

 

また、勤勉さゆえに、ハイリスクは極力避け、主に中期の取引を主としている。

実際に銘柄選びで欠かすことが出来ないのは以下だ。

経験から投資先を選定する

田中さんはテレビの仕事に携わっていたので、様々な業界と触れ合うことが出来ました。

その経験から、どこの業界が盛り上がっているかなど、自然と触れ合う機会が多かったのです。

 

この経験を株に応用していきます。

テレビ関係に限らず、誰しもが応用できます。

例えば
・飲食店で働いている方などは、競合他社の動きが一般の方より分かるでしょう。または、どこの調理器具が沢山使われているなど、ヒントは沢山隠れています。

 

・コンビニで働いている方は新商品の存在にいち早く気づけるでしょう。

 

・服好きの方であれば、どこのブランドの服が今一番勢いがあるかなどが分かりますよね?

まずはざっくりと選定する企業や業界を絞っていきます。

 

ある程度絞れたら次のポイントに移っていきます。

月収100万円を達成した見るべき4つのポイント

 

・営業利益率

・増収率

・上場5年以内

・一株あたりの利益率(EPS)

 

この4つを見ることが重要と話しています。

 

営業利益率

営業利益率10%を目標とし、最低でも8%の水準を満たすこと。

営業利益率とは、企業の稼ぐ力のことである

 

営業利益率の計算方法はこちら

営業利益率=営業利益÷売上高×100

増収率

増収率は成長性を示すものであり、この数値があることによって、企業の急性長が分かる。

増収率は20%以上が合格ライン

前年比から何%伸びているかを見る必要がある。

 

1年に20%の増収

売上高が100億円

翌年が120億円

その翌年が144億円

 

このように変化をしていけば良い。

ただ単に売り上げをみるのではなく、安定したパーセンテージを残し成長しているかを見る。

上場から5年以内

かの著名な投資家ピーター・リンチも「中小企業か業績回復株」のどちらかをオススメしている。

上場から5年以内の企業は、まだ世間的にも知られていないケースが多く、まだ成長途中だ。

これから更なる商品開発や、出店などが期待出来る。

 

そして一度火がついた企業の株価は一気に上がる。

そして、いわゆる10倍株「テンバガー銘柄」のきっかけになる。

 

・一株あたりの利益率(EPS)

一株あたりの利益率(EPS)は高いほど良い。

 

EPSは、企業の一株あたりの利益率を表すものであり

株主から集めたお金が、しっかりと効率よく使われているかを表す指数。

計算式

EPS=当期純利益÷発行済株式総数

 

株主から集めたお金をしっかりと運用できていないということは、会社のお金の使い方に問題があるという事

注意
発行株式総数が減少するとEPSは上がる。
先ほどの計算式を見た通り、発行株式数により値は変化します。
企業には、土地の売却など、様々な方法でEPSの値をよく見せる手法があります。
純粋な利益だけではなく、何があったかなどをしっかり確認していく必要があります。
逆に増資などがあった際などには、EPSは下がるといったことになります。

流通株式数から予想を立てる

 

株価の大幅な上昇の一つに、東証1部上場があります。

 

ステージが変わる事によって、より世間に注目され、企業の名が売れ更なるブランド構築に至る。

 

1部上場にを果たすには売り上げなどは大前提とした上で

株主数:2200人以上

時価総額:40億円以上

この2つが大きな昇格要因となります。

 

そしてその2つをクリアしている場合に、次に重要となってくるのは「流通株式」です。

※ここからは少し上級者向けの投資法です

 

流通株式」は証券取引所が明確な計算方法を定めています。

 

流通株式の計算式

 

流通株式数=発行株式数ー自己株式数ー役員、親族等に関係する株式数ー10%以上の大株主の保有株式数
自己株式=法人として所有している株式
計算に必要な情報は「会社四季報」などに掲載されております。
証券口座からも閲覧できますし、企業の公開情報などにも記載されております。
漢字ばかりで難しいように思う方もいらっしゃいますが、実際は数字さえ抜き取れれば只の引き算です。
上級者と表示したのは、最初が少し難しく感じる点があったからに過ぎません。
重要!
浮動株、特定株は流通株式とは異なるので注意が必要です。
そして昇格要件の基準の計算に移っていきます。
流通株式比率=流通株式数ー発行済み株式数×100
この数値が35%以上だと1、部昇格の基準に満たしております。
流通時価総額=流通株式数×現在の株価
この時価総額が20億円以上だと1部昇格の基準に達しています。
そして仮に企業の流通株式が足りなく、1部を目指す場合は下記の対策にでます。
流通株式数が足りない場合の企業側の対策。

・立会い外分売りや、売り出し

・株式分割

上場をせずとも、株式分割なども株価の上昇に拍車をかけるものです。
例えば
1000円で100株保有していた株が株式分割により
500円で200株に自身のポートフォリオが変化します。
そして、株価が安くなった事によって、また新しい人が株を手に出しやすくなり保有します。
すると価値が上がる為、600円、700円と値を上げやすくなります。
下調べし、先回りする事によって、大幅な利益確保に繋げることが出来ているのです。

企業が株式分割の発表をするのは、決算と同時である事が多い。

そしてここも重要なポイントの1つです。
決算発表に合わせて、株式の分割発表を行う事例が過去の傾向から多いのです。
つまり調べれば調べるほど、お宝は転がっているのです。

投資は売り時が一番難しい。

株に限らず、投資全般において難しいのは売り時。

 

人は中々損切り出来ず、また利益が出た際はすぐに利確に走ってしまう。

 

田中さんはいかにして売り時を決めていたのか?

 

保有の基本は中期投資。

投資の世界には正解はないといって良い。

 

売り時のタイミングは、伸びないサインが出た時。

 

本業とは全く関係のない事業に手を出した際や

保有していた株が、営業利益率、増収率の伸びが直近に比べ大幅に悪くなった時などだ。

 

リーマンショックのように、市場による悪化は計算しない。

あくまでも市場にこれといった動きがない際には、売りに出る。

業績好調の際にはそのまま保有し続け、5〜10年などの長期投資も視野に入れる。

取引時間

基本的には中期投資という手法ですので、1日に取引しない日もあります。

実際にはコツコツと各企業の業績を調べ上げ、より納得する形で保有に至ります。

 

デイトレードのように、1日に何回もポジションを動かす事はしません。

 

記事を読んだ方が実践できること

ここでは記事の手法をまとめていきます。

 

まずは自身の得意分野の選定

   ↓

4つの指数の調査

   ↓

流通株式数の調査

 

田中さんの手法は、市場変えを狙う企業を調べ上げ、株価上昇を狙った手法です。

主に中期投資のキャピタルゲイン狙いです。

投資初心者の方には、こちらの記事もおすすめです

 

※キャピタルゲインの説明もこちらに載っています。

上記の記事では、より簡単に株での利益を生み出す方法が記載されております。

合わせてご覧ください。

 

そして、株式分割を行いそうな企業があれば、決算前などに保有数を増やし利益を狙います。

要はこの繰り返しで銘柄を選定していくわけです。

まとめ

投資なのでマイナスの月もありますが、年間を通しての利益は1000万円オーバーを記録しており

月の利益に換算すると100万円に登ります。

 

そしてフリーター期間を経て、田中さんは現在無事復職をされました。

また、そのかたわらで投資を行うサラリーマン投資家として成功されています。

 

ちょっとしたきっかけから投資というものにチャレンジし、成果を残していきました。

チャンスはふとしたところに落ちているものです。

 

誰でも稼げるわけではありません。

しかし、誰でもチャンスは転がっています。

 

それを見つけ、チャレンジし、継続していくことが、利益を生み出す結果に繋がるのです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事