実物資産として日本の国産スポーツカーに投資をオススメする5つの理由

車の維持費や、増税に伴う家計圧迫の懸念から日本の車離れが深刻な問題となっている昨今。特に日本の市場では軽自動車やワゴン車などのファミリータイプが主流となっています。

 

しかし、そんな中でも日本の国産スポーツカーは、海外から変わらずの人気を集めています。

 

様々な投資がある中で、この記事では日本のスポーツカーに投資を行い、不動産や金などとは一味違った「実物資産」としてのメリットを紹介をしております。

 

この記事から分かること

・国産スポーツカーと投資の繋がりが理解できる

・今後値上がりが期待できる車種が知れる

 

車に興味がない方、かつては車に興味があった方にもオススメの内容となっています。

 

スポンサーリンク

実物資産とは?

株や債券などとは異なり、実物資産は形があるものを指します。

 

実物資産の種類として、トウモロコシなどの穀物や、金やアンティーク家具まで幅広くのものが「実物資産」として数えられます。

 

その中でも、実物資産としてクラシックカーに投資を行う方法があります。

 

現在生産されていないビンテージの車は、後世に語り継がれる代物として、全国の車ファンに留まらずに、博物館などの公的施設で扱うものとしても人気です。

 

 

そして今回取り上げるのは日本人にとって馴染みの深い日本車。

 

「トヨタ」「ホンダ」「日産」など、世界に多大なる影響を与えた名車に投資を行い、資産としてだけではなく、その素晴らしさを体感できることができます。

国産スポーツカーに投資をオススメする5つの理由

それではなぜ国産スポーツカーに投資を行った方が良いのか?

この章で確認していきましょう。

 

世界的に大人気

大ヒット作として続編が次々公開されている「ワイルド・スピード

 

画像引用元:amazon.co.jp

 

特に不慮の事故で亡くなったポール・ウォーカーの遺作作品とされる7作目の「ワイルド・スピード SKYMISSION」は、全世界興行収入が15.1億ドルというとてつもない売上を記録しています。

 

そんな大人気の映画に、日本のスポーツカーが沢山登場いたします。GT-RやRX7(FD3S)などの日本でも人気となっている名車達が、フェラーリやダッジなどの大排気量の車と共に肩を並べています。

 

特に「ワイルド・スピード」シリーズでは日本の車がカスタマイズされて登場する為、マニア心をくすぐる作品となっており、作品を見て憧れた方などが日本車を求めている訳です。

 

圧倒的なブランド力

mede in Japanは圧倒的なブランド力を誇ります。少し話は逸れますが、海外、特に東南アジア系などの国では日本の中古の重機が人気となっています。わざわざ日本で開催されているオークション会場に足を運び、競売に参加をするほどです。

 

その理由は日本で製造され、日本で使用されたから。

日本の圧倒的なモノづくりの技術と、几帳面でメンテナンスを欠かさない日本の手間を求めて購入しにやってくるそうです。

 

信頼感のある日本企業が生産した物は壊れにくく、メンテナンスも他の会社に比べて遥かにラクといえます。

 

現在では生産出来ない車たち

往年の名車達はその名前を受け継ぎ、姿を変えて新しく製造されています。

しかし、昔と違い形は流線型を描くような車が多く、昔のハコスカやシビックのように角ばった車は少なくなりました。その理由としては空気抵抗をなくす為や、運転者や歩行者の安全面などからくる技術の進歩です。

 

安全面で最も大きく印象を変えるのは、マツダのRX-7やトヨタのスプリンタートレノに搭載されていた「リトラクタブルヘッド」の存在でしょう。

 

当時のスポーツカーの醍醐味でもあったこのパーツですが、現在では空気抵抗懸念や、安全面の影響から「リトラクタブルヘッド」を採用している車は製造されておりません。

 

今後も似たようなデザインが生産されないことからも、投資を行う重要なポイントといえます。

 

自身の趣味の延長上

他の投資として大きく違う点は、日常利用できることにあります。

純金のネックレスやロレックスなども普段使い出来る点は似ていると言って良いでしょう。

 

勿論、車に乗ればその分走行距離は増え資産としての価値は少し落ちる可能性もあります。しかし、全く乗らないという行為もかえって車に良くない事もある為、放置しすぎない程度に車に乗った方が良いと言えるでしょう。

 

また、鑑賞用としてガレージに置いておくだけでも定期的な手入れは欠かせません。

 

価格上昇の期待

先述した通り、日本の国産スポーツカーは海外に多く渡り、また生産も止まっている為に価格が高騰しています。

これは年月を重ねれば重ねるほど、更に価格が高騰するとみて間違い無いでしょう。

 

国産スポーツカー投資のリスク

どの分野の投資においてもリスクが生じるもの。この章では国産スポーツカー投資を行う上で考えられるリスクをお伝えしていきます。

 

スポーツカー投資のデメリット

・維持費のリスク

・環境・災害リスク

・メンテナンス

 

維持費

車を所有するには様々な費用が必要となってきます。

 

出れれば車はガレージ内で保管しておくのが理想と言えます。屋外での保管ですと、雨風にさらされ、四季がある日本の外気の変化や直射日光などによって塗装が劣化していってしまう恐れがあります。

 

維持費をゼロにする裏技

車検が切れた車の場合には、重量税や自賠責保険を支払う義務はありませんが、そのまま乗らない車を所有しているだけでは毎年の自動車税などが課せられます。

 

そのような状態にならない為に行うべき方法は、車の「一時抹消登録」を行うこと

 

一時抹消登録の手続きを運輸支局で行えば納税は不要となります。

 

手続きに必要な書類

・車の所有者の印鑑(実印)、所有者の印鑑証明(発行から3ヶ月以内)

・車検証(自動車検査証)

・前後2枚のナンバープレート

・変更登録料(印紙代として350円)

 

環境リスク

日本は災害が非常に多い国としても有名です。

ニュースなどで台風の影響から車が水の中に沈んでしまったり、エンジン内に水が浸水し廃車となってしまうパターンが非常に多く見受けられます。

 

台風・大雨・洪水・地震などのリスク対策が必要です。

管理・メンテナンス

リスクの1つとして、車の管理やメンテナンスといった要因が挙げられます。

不動産をはじめとする「実物資産」の宿命とも言われる項目です。

 

スポーツカーの価格を落とさない為に行いたい保管方法は次の章で確認していきましょう。

スポーツカーの価値を下げない保管方法

長期保管する際に行いたい方法はこちら

・バッテリーのケーブルを外す

・定期的なエンジンの始動

・燃料タンクを満タンにしておく

・サイドブレーキを解除し車止めを使用する

・タイヤの空気を少し抜いておく

 

バッテリーのケーブルを外す

バッテリーのケーブルを繋いだまま保管をしてしまうと、自然放電によってバッテリーが劣化してしまいます。

また、バッテリーが原因による思わぬ事故を防ぐことができる為、ぜひとも行っておきたい作業です。

 

定期的なエンジンの始動

エンジンを起動していないと、内部のエンジンオイルがオイルスパン落ち、周りのパーツに錆や腐食などの悪影響を及ぼす事に繋がります。

 

保管前に新しいエンジンオイルに変えておくのも1つの手です。

燃料タンクを満タンにしておく

燃料であるガソリンは、意外にも満タンにしておく方が劣化を抑えられます。

理由として、内部に隙間がある際に外気の温度の変化によって水滴が生じ、燃料タンクの劣化に繋がり、燃料の劣化にも繋がります。

ガソリンを満タンの状態にして保管をしておく事をオススメいたします。

 

サイドブレーキを解除し車止めを使用する

サイドブレーキを掛けない状態にして保管しておく事で、錆などによるブレーキの固着を防ぐ効果があります。

また、車が仮にも動いてしまう恐れがある為、車止めを使用しておきましょう。

 

タイヤの空気を少し抜いておく

車の走行にはタイヤの空気圧が非常に重要です。

そんなタイヤですが、長期保管の際に通常の空気圧にしておくと、タイヤのひび割れを起こす可能性があります。

長期保管の前に少し空気を抜く事によって、ゴムの劣化を防ぐことが出来ます。

実物資産として期待できる国産スポーツカー9選

ここからは、今後更なる値上がりが期待できる車種を紹介していきます。

 

NISSAN GT-R R34
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

MAZDA RX-7(FD-3S)
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

NISSAN シルビアS15
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

 

TOYOTA セリカ
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

HONDA シビック(EK-9)
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

NISSAN フェアレディZ(Z33)
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

三菱 ランサーエボリューション
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

Honda S2000
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

TOYOTA スープラ
人気度
値上がり期待度
お手頃価格度
プレミアム度

 

数多くの名車をご紹介していきました。

自身の趣味の延長として保有を考えてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事