アマムダコタン表参道の行列の待ち時間は何分?実際に並んでみた。

クリームをふんだんに使用し、一躍大ブームを巻き起こしたマリトッツォ。

 

イタリア発祥のパンであるマリトッツォブームの火付け役として知られる、福岡の人気パン屋「アマムダコタン」が2021年10月、表参道にオープンした。

 

開店前から大きな話題を集めた「アマムダコタン表参道」は、オープンから連日多くの行列を作っており、お店に入るまでにはこの行列に並ぶしかない。

 

予約で優先的に入れるシステムなどはない為、今回実際に足を運び、実際に店舗に入るまでにかかった時間や行列の長さなどを、この記事を通してお伝えしていきます。

スポンサーリンク

アマムダコタンとは?

アマムダコタン

(画像引用元:fashion snap.com)

 

アマムダコタン東京は、石の街にある小さなパン屋さん。

架空の世界に迷い込んだかのような印象がモチーフのオシャレなパン屋さんです。

 

冒頭でも述べたように、マリトッツォなどの創作パンなどを中心に販売されております。

 

アマムダコタン東京
住所東京都港区北青山3-7-6 1F
営業時間10:00~19:00(なくなり次第終了)
電話番号03-3498-2456

アマムダコタンの行列に並んでみた

実際に足を運んだのは、平日のお昼前。

 

アマムダコタン表参道店は、東京メトロ表参道駅B2出口を出て徒歩1分程度の好立地。

 

青山通りを渋谷方向に進んでいくと、EXELCO DIAMONDという店舗が見えてきますので、その角を曲がり、更に少し進むとお店が見えてきます。

 

お店は路面店となっており、オープンテラスも用意されています。

 

お店の前に到着すると、すでに多くの人だかりができており、列は渋谷方向に向かって列を作っています。

 

この日はあいにくの雨という天気でしたが、それでも多くの人が並んでおり、お店の開店日である10月1日は傘もさせないほどの台風だったのにもかかわらず、多くの人が並んでいました。

 

青山通りまで飛び出た列に並ぶこと20分。やっとお店の曲がり角までくることができました。

 

その先にも列は続いており、お店の前にくることができたのは並び始めてから50分が経過したくらい。

 

平日の悪天候にもかかわらず、相変わらずの人気が伺えました。

 

やっとの思いで店内に入ると、ドライフラワーやレンガなどのアンティークでオシャレな内装が印象的です。

 

アマムダコタン内装

(画像引用元:fashion snap.com)

 

特に間接照明やアンティーク家具などは、オーナーの平子良太さんのこだわりだそうです。

 

店内にあったパンはおよそ15〜20種類ほど。表参道店では100種類を超えるパンのラインナップがあるそうです。

 

どのパンも非常に美味しそうですが、生ドーナツが非常に有名とのことなので、これとクロックマダムなどを購入してみることにしました。

 

今回は到着がお昼過ぎということもあり、ラインナップが少なかったように感じました。

 

来店の際はなるべく午前中が良いのかなのといった印象です。

スポンサーリンク
おすすめの記事